当協会は鉄道の運転業務に関する事業を行い、鉄道輸送の安全性、安定性の確保、サービスの向上などに寄与してまいります。

運転協会誌の最新号の紹介

最新号 運転協会誌9月号(No.759号)
イベント&観光列車特集
・発行日:2022年9月・サイズ:B5 ・ページ数:56p
※協会にご入会されますと本誌を毎月お手元にお届けいたします。
ご入会はこちら

運転協会誌の内容

【特集】

各号を話題性のあるテーマで特集化して、論説の掲載や座談会の開催を行って、資料としても活用できるように配慮しています。

(1) 論説
特集テーマに沿って、それぞれの鉄道会社における取り組み内容を、図や写真を交えて紹介しています。

(2) 座談会
テーマに沿って、座談会のテーマと出席会社を定め、様々な職種の方に出席していただいて、貴重な体験談や苦労話など、興味深い内容を紹介します。

【だんわしつ】

各鉄道会社の運転関係の部長職の方に、一定のテーマはなく業務に関する思い入れや個人的な趣味までの幅広い中からエッセイを掲載していただいています。

【動力車操縦者試験】

年2回、行われる動力車操縦者運転免許の国家試験について、その問題と編集部で解いた答を示しています。

【新型車両プロフィールガイド】

鉄道会社における新車導入の背景から基本性能に至るまで、主要諸元表などを交えながら、新型車両の魅力を、余すところなくお伝えします。

【乗務員職場の概要】

前シリーズ「動力車操縦者養成所の概要」を受け、養成所で免許を取得された方達が所属する職場の紹介で、施設の設備、勤務形態、教育体制・委員会活動などの概要を、簡潔に紹介しています。

【連載シリーズ】

(1)職場のわだい
鉄道会社において、取り組んでいる運転業務、職場内小集団活動や沿線地域社会との交流などを、トピックスとしてご紹介いただきます。

(2)鉄道紀行
旅情あふれる路線案内などを写真を交えて紹介しており、美しい車窓が目に浮かび、まるで一緒に旅をしているかのように楽しい内容になっています。

(3)運転日誌余話
隔月で「車掌編」と「運転士編」の2つがあります。筆者の自己紹介から、いまの職務へ着くまでの経歴や体験談そして苦労話などを紹介しています。

最新号の目次

運転協会誌9月号(No.759号)イベント&観光列車特集

※後の数字はページ数となります。
  • 北海道旅客鉄道 JR北海道の観光列車・イベント列車の取組み 北功(1)
  • 東日本旅客鉄道 『鉄道開業150年』事業 澤野朋章(5)
  • 西日本旅客鉄道 地域の皆様と創る観光列車 大野大輔(9)
  • 九州旅客鉄道 西九州新幹線開業 ─開業イベント及びD&S列車─ 宮崎雄輔(13)
  • 京成電鉄 コロナ禍におけるイベント列車の取組み 松林栄治(17)
  • 京浜急行電鉄 『パタパタ』引退にともなう各種取組みと反響 小林右京(21)
  • 西日本鉄道 THE RAIL KITCHEN CHIKUGOの取組み 洲脇祐子(25)
  • 座談会 旅客創造に取り組む担当者のよもやま話(33)
【だんわしつ】
  • 地域とともに100年 奥英昭(43)
【乗務員職場の概要(53)】
  • あいの風とやま鉄道 知識・技能の継承は、更なる発展へのプロセス 橋本道夫(29)
【新型車両プロフィールガイド】
  • 近畿日本鉄道 くつろぎの歴史旅へ。観光特急『あをによし』 奥山元紀(44)
【連載シリーズ】
  • 運転クイズ(517)(49)
  • 職場のわだい(320) 大井川鐵道 お客様にさらなる感動をお届けするために 久保川真守(50)
  • 鉄道紀行 その427 信楽高原鐵道 SKRでショートトリップ ─自然豊かな焼き物の町・信楽へ! 村武祐輔(52)
  • 運転日誌余話〈365〉 運転士編 首都圏新都市鉄道 二度の震災経験と今の私 大須賀達郎(54)
  • 協会の動き・編集室(56)
カット 池田守利・嶋田天陽
表紙 鏡よ鏡、世界で一番美しいのは…(令和4年度 表紙写真コンテスト2等作品)
撮影者 原田将浩(南海電気鉄道(株))/撮影月日・場所 2021(令和3)年11月13日・JR高山本線・飛驒金山~焼石駅間
PENTAX K-7 TAMRON 28-75mm F2.8 1/1250秒 f/5 ISO400