当協会は鉄道の運転業務に関する事業を行い、鉄道輸送の安全性、安定性の確保、サービスの向上などに寄与してまいります。

運転協会誌の最新号の紹介

最新号 運転協会誌11月号(No.761号)
降積雪対策特集
・発行日:2022年11月・サイズ:B5 ・ページ数:56p
※協会にご入会されますと本誌を毎月お手元にお届けいたします。
ご入会はこちら

運転協会誌の内容

【特集】

各号を話題性のあるテーマで特集化して、論説の掲載や座談会の開催を行って、資料としても活用できるように配慮しています。

(1) 論説
特集テーマに沿って、それぞれの鉄道会社における取り組み内容を、図や写真を交えて紹介しています。

(2) 座談会
テーマに沿って、座談会のテーマと出席会社を定め、様々な職種の方に出席していただいて、貴重な体験談や苦労話など、興味深い内容を紹介します。

【だんわしつ】

各鉄道会社の運転関係の部長職の方に、一定のテーマはなく業務に関する思い入れや個人的な趣味までの幅広い中からエッセイを掲載していただいています。

【動力車操縦者試験】

年2回、行われる動力車操縦者運転免許の国家試験について、その問題と編集部で解いた答を示しています。

【新型車両プロフィールガイド】

鉄道会社における新車導入の背景から基本性能に至るまで、主要諸元表などを交えながら、新型車両の魅力を、余すところなくお伝えします。

【乗務員職場の概要】

前シリーズ「動力車操縦者養成所の概要」を受け、養成所で免許を取得された方達が所属する職場の紹介で、施設の設備、勤務形態、教育体制・委員会活動などの概要を、簡潔に紹介しています。

【連載シリーズ】

(1)職場のわだい
鉄道会社において、取り組んでいる運転業務、職場内小集団活動や沿線地域社会との交流などを、トピックスとしてご紹介いただきます。

(2)鉄道紀行
旅情あふれる路線案内などを写真を交えて紹介しており、美しい車窓が目に浮かび、まるで一緒に旅をしているかのように楽しい内容になっています。

(3)運転日誌余話
隔月で「車掌編」と「運転士編」の2つがあります。筆者の自己紹介から、いまの職務へ着くまでの経歴や体験談そして苦労話などを紹介しています。

最新号の目次

運転協会誌11月号(No.761号)降積雪対策特集

※後の数字はページ数となります。
  • 鉄道総合技術研究所 冬期の車両着雪の予測手法 鎌田慈(1)
  • 北海道旅客鉄道 在来線における冬期の取組み 菊地昌吾(5)
  • 東日本旅客鉄道 新幹線雪害対策の概要 掛川洋平(9)
  • 東海旅客鉄道 在来線の冬季対策 清水隆司(13)
  • 西日本旅客鉄道 北陸本線近江塩津駅における分岐器不転換防止対策 河村直哉(17)
  • 日本貨物鉄道 冬期北海道の貨物列車事故防止と雪害対応 ─長い冬期を乗り切れ─ 笠嶋幹夫(21)
  • 座談会 降積雪対策担当者のよもやま話(30)
【だんわしつ】
  • トルコ 野中俊昭(25)
【新型車両プロフィールガイド】
  • 福岡市交通局 七隈線 3000A系の概要 村田理(26)
【乗務員職場の概要(55)】
  • 東海交通事業 鉄道部の紹介 伊藤威仁(41)
  • 令和3年度 運転事故の概要 吉岡和彦(45)
【連載シリーズ】
  • 運転クイズ(519)(40)
  • 職場のわだい(322) 土佐くろしお鉄道 コロナ禍でのイベント・ツアー 岩合佳孝(50)
  • 鉄道紀行 その429 その 北陸鉄道 懐かしい車両たちがあなたを待っています 埴田孝嗣(52)
  • 運転日誌余話〈367〉 運転士編 東葉高速鉄道 人に愛され、地域に愛される、思いやりの鉄道へ 中家博人(54)
  • 協会の動き・編集室(56)
カット 池田守利・佐藤美咲
表紙 秋を駆ける(令和4年度 表紙写真コンテスト2等作品)
撮影者 小板橋美次(東日本旅客鉄道(株))/撮影月日・場所 2020(令和2)年11月9日・JR高山本線・飛驒小坂~渚駅間
Canon EOS 6D MarkⅡ EF24-105mm F4L IS USM f5.6 1/2000秒 ISO1000