当協会は鉄道の運転業務に関する事業を行い、鉄道輸送の安全性、安定性の確保、サービスの向上などに寄与してまいります。

  • 今月
  • 先月
PICK UP! 毎年行われる、運転協会誌の表紙写真コンテストより、会員様よりご応募いただいた作品の中から、厳選した作品を掲載しております。

ニュース & トピックス

電子図書館へ
お問い合わせメールフォームへ

協会誌最新案内

協会誌最新案内
運転協会誌11月号
(No.737号)
2020年11月1日発行
B5/56p

テレワーク特集

昨年までと比べると、通勤時間帯の電車の混雑状況は、本年2月頃から大きな変化が現れました。今まででしたら朝夕の通勤電車は混雑しているのが当たり前でしたが、新型コロナウイルス感染症が流行ってからというもの、その対策として3密を避けてということで、時差通勤やテレワークといった対策が講じられた結果、今まで輸送力の増強などを行ってきてもなかなか混雑状況が改善されなかったものが、あっという間に混雑率50%くらいにまでに下がり、現在でも以前の70%から80%位で推移している状況です。そこで今月号では、鉄道事業の実態にはあまり即していないのではないかと思われてきたテレワーク(在宅勤務)について、鉄道事業者でも導入に至ったテレワークの方法を、各社様の導入実績から活用するに当たっての考え方の変革やその活用方法などの取組みをご紹介いただきました。比較的事務職系統では導入しやすいように感じられますが、定員職場の運輸現業での取組み事例などもご披露いただいておりますので、いつまで続くのか不透明なコロナ禍において、是非参考にされてみてはいかがでしょうか。季節的には晩秋となってまいります。コロナの他にもインフルエンザの流行も始まる季節です。引き続きマスクの着用、こまめな手洗いの実施(アルコール消毒含め)により、感染防止と安全・安定輸送に務めてまいりましょう。